その日その時の驚きや発見、出会いから、自分だけの宝物をいくつ手にできるか。

TOP > 幼稚園紹介 - 私たちが目指すこと

私たちが目指すこと

園長よりみなさまへ

幼稚園とは、どんな「場」だと思いますか?

子どもたちの目線で見るならば、きっと貴重な自己を精一杯に表現しながら日々を過ごす大事な遊びの場だと思っていることでしょう。一方、保護者の皆さまのまなざしには、幼稚園とは子どもたちがそれぞれの個性と想像力を発揮しながら、社会の一員として成長していくための第一歩を記す、大切な教育の場としての姿がそこに映っているはずです。

当園は、1966年の創立当初より、仏教保育を軸に、自由な遊びを保育課程の中心に据えて「子どもたちの自主性や個性を自然に育む」教育を基本理念としてまいりました。その理念は今も揺るがないばかりか、その想いをむしろ強くしております。社会全体の不安要素が、子どもたちの成長や生活、果ては、子どもたちを守り育てるべき大人たちにまで影響を及ぼしはじめている現代。私たちは、保護者の皆さまと信頼関係を築くこと、そして皆さまと教育者と共に心から子どもたちの可能性と将来性を信じる者同士が強く懸命に歩んでいる姿を、何よりも子どもたち自身の目で見てもらい、心で感じてもらうことがとても重要だと考えています。子どもたちは、大人たちからの愛情や優しさを感じることで、自分らしく一生懸命に遊び、良いものや美しいものを無限に見つけながら成長します。当園の子どもたちは、自然と触れ合い、自由な遊びを通して、他と共に生きるために必要な生活習慣や規律、自分自身を育てる成長意欲や我慢強さ、お友達への思いやりや感謝の気持ちなど、様々な能力や表現を自主的に学んでいきます。その日その時の発見や成長を感じながら、日々の体験を自分だけの宝物として手にすることができるように、繰り返しの毎日を「共にご縁をいただいた有り難い時間」として、大事にゆっくりと無理なく積み重ねてもらうことを常に心掛けています。

私は、子どもたちにとって、保護者の皆さまや私たちと共に過した幼稚園時代が生涯の財産となり、他の誰でもない唯一の存在として、誰をも愛し、誰からも愛される人となるための大きな一歩を踏み出す力となりますことを心より念じ続けております。

私たちはこれからも子どもたちの人間的な豊かさや大きさを育む教育を通し、幼稚園を生涯忘れることのない思い出の「場」、誰もが帰ることのできる「心の故郷づくり」を目指し続けます。

札幌ルンビニー幼稚園
園長 藤原健彦
昭和49年3月6日生まれ。北海道札幌市出身。
法政大学卒。
浄土真宗本願寺派桑海山円静寺第三世副住職継職、後、第四世住職継職。
学校法人藤原学園札幌ルンビニー幼稚園第三代園長就任。

入園に関してのご質問・ご相談などは、お気軽にお問い合わせください。

入園資料(パンフレット)請求

ページの先頭へ戻る